So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雲の上まで歩く2012 出会った人々 びっくり編 [忘備・記録]

往路、明神ですれ違ったご家族。
ご夫婦と、お子さん3人。双子ちゃんとお姉さん。

http://www.chariotjapan.com/pleasant/products/co02_o.html
双子ちゃんは、このスポーツバギーに乗っていました。

その日の泊地、徳沢で再び遭遇!
このバギーで、徳沢まで来ちゃうんだもん。びっくりです。

==========

蝶ヶ岳で出会ったグループの皆さん。
http://www.geocities.jp/yumik061/
こちらの山岳会、新座山の会の方たちでした。

http://www.geocities.jp/yumik061/20120914-17chogatake-gasshuku/120914HPG.htm
5コースに分かれて、蝶ヶ岳に登っていらっしゃいます。
20周年記念の集中登山とのこと。
蝶ヶ岳で出会えたのは、僥倖でした。

山行記録を丁寧に見ていくと、
え?このルート、この距離を1日で踏破しちゃうの??
というようなのが出てきます。
http://www.geocities.jp/yumik061/20120804gensdarmes/20120804gensdarmes.html
これなんか、一日で、上高地から一気に奥穂山荘まで登ってる。。。すごい健脚!!!
奥穂~西穂なんて、難コースを踏破している。すごい。。。

こんなすごい方々から、「すごいねぇ!!」と声をかけていただいた我が家の子どもたち。
光栄です!!
nice!(0)  コメント(0) 

雲の上まで歩く2012 出会った人々 [忘備・記録]

今回の蝶ヶ岳山行で、実に多くの方に出会いました。

上高地から、明神、徳沢と歩く途中で。
多くの人とすれ違い、追い越され。
そのたびに声をかけていただきました。

ボク、何年生? どこまで行くの?

最初の問いには無言の下の子。どう答えていいか、困っている。
すると、すぐに相手の方は察してくださって、質問の仕方を変えてくる。

ボク、何歳?

元気よく「5歳!!」「蝶ヶ岳に登る!!」と答える息子。
すると皆、例外なくびっくりする。

え~?5歳で蝶ヶ岳??
がんばってね!!

息子の顔つきが、きりりと引き締まる。

声援を送ってくださった多くの皆様。
ありがとうございました。


=後日、「何年生?」と聞かれたら、「来年、1年生!!」と答えるといいよと教えてあげた。
最初から、そう教えてあげればよかったと、後から気付くおたんことうちゃん、なのである。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。