So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プール組立て [グチ・ボヤキ]

保育園でも、そろそろ、プールの季節です。
我が家がお世話になっている園では、父母と職員が協力して、プールを組み立てます。
常設のプールはありません。
シーズン前に組み立てて、8月末には、解体撤去します。

慢性的な悩みは、手伝ってくれる父母が少ないことです。
「たまの休みの土日にわざわざ、手伝わされる。」
まぁ、そう感じている父母は、実際、少なくないのでしょう。

この種の役務提供に抵抗のない私は、そんな風に考えている父母がいることが、驚きでした。

ところが、もっと驚いたのは、次のような意見を父母から聞いたときです。
「なにも父母が手伝わなくても、金を払って、業者にやらせればいい。」

一見合理的なようですが、これは、私の考えとは大きく異なります。

父母がプール組立てをすることの意味。
これを教えてくれたのは、当時まだ2歳だった上の子です。

「なんでとぉちゃんはプールの組立て、手伝ってくれんの?」

それまで、解体は毎年手伝っていたのですが、仕事の都合などで、組立ては一度も手伝ったことがありませんでした。

====================
子どもたちにとって、プール、水遊びは、夏の大きな楽しみです。
同時に、大きなチャレンジなんですね。

顔を水につける。飛び込む。友達と競う。などなど。

このどれもが、
「とぉちゃんが組み立ててくれたプールだから、頑張れる。」
はっとしました。我が子に教えられました。

以来、とにかく都合をつけて、組立ても手伝うようにしています。
お金を払って業者に組立てさせては、子どもの心に響かないのです。
来週にまわしても問題のない仕事なら、プール組立てを優先するようになりました。

子どもたちは、実に様々な、かつ、大切なことを気づかせてくれます。
今年のプール組立ては、6月26日(土)の午前中です。



いとうとしひろ

冥利 [忘備・記録]

5月下旬の雨の日。
息子を抱っこして、傘をさして登園途中のこと。
神社の前に差し掛かったとき。

「とうちゃん、桜餅のにおいがするよ。」

えっ?と思い、立ち止まると。
確かに、ほのかに、かおります。
雨に濡れた、桜の葉のにおいです。

すごいなぁ。
こんな感性、いつの間に、どこで身につけたんだ???

雨の朝、抱っこで登園。
父親であることを、ありがたく思ったことでした。


いとうとしひろ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。