So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【2/10締切】NPO法人ファザーリング・ジャパンの緊急アンケート

私も会員として、末席に加えていただいております、NPO法人ファザーリング・ジャパンが、
緊急アンケートを実施しております。どうぞ、ご回答・ご協力ください。

まずはこちら。
1/29に閣議決定された「子ども・子育てビジョン」をよく読んでください。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/vision/index.html

その上で、こちらから、ご回答くださいませ。


パパに限らず、どなたでも回答可能です(お一人1回のみでお願いします)。
どうぞご協力ください! ※アンケートの締切は2/10です。

★子ども・子育てビジョン緊急アンケート by FJ

★集計結果はこちらから

FJではこの結果も含め、ビジョンに対する意見・要望書を政府へ提出するとともに、引き続き子育てを楽しむ笑っている父親を増やすべく、各種の政策提言を行っていく予定です!

★子ども・子育てビジョン
http://www8.cao.go.jp/shoushi/vision/index.html

よろしくお願いいたします。

待機児童解消と保育所の最低基準緩和 2 [忘備・記録]

待機児童を解消するためには。
例えてみれば。
タクシーがなかなか来なくて、行列を作って待っている人が大勢います。(待機児童)
行列を解消するには、タクシー会社(国・市町村)が、タクシーの台数(保育園の数)を増やすことが必要です。と述べました。

もうひとつ、新たなタクシー会社に新規参入してもらう、という方法もあります。
タクシー会社の数を増やすことで、タクシー台数の総数を増やそう、ということです。

さて、新しいタクシー会社を設立して、この業界に新規参入したいと考えている法人があります。
ところが、車輌をそろえよう(保育園の新規開設)としたら、「車検制度」(最低基準)というものがあるではありませんか!!
曰く、「シートベルトが必要です」、「バックミラーを装備してください」、「クラクションも必要です」、「ブレーキランプや、方向指示ランプが、玉切れしていてはいけません」。。。
そんな、ちゃんとした車輌をそろえなければタクシー業務を始められないなんて、新規参入の壁、ハードルが高すぎる!これでは、いつまでたっても新規参入が進まず、タクシー待ちの行列は、いつまでたっても解消されないぞ!!

そうだ!「車検制度」をなくしてしまえばいいんだ。もしくは、条件をうんと緩和すればいいんだ。
シートベルトもバックミラーもなくても、クラクションが鳴らなくても、ブレーキランプも方向指示ランプも光らなくても、「人を乗せて走ることは出来る」。
スクラップ寸前のポンコツを安く集めてきて、それでタクシー会社を始められるように、制度・法律を見直せば、新規参入がしやすくなるぞ。開業資金を安く抑えられるぞ。

タクシーを待っている行列の中からも、こんな声が聞こえてきます。
「もう、乗れさえすれば、どんな車輌でもかまわん。ブレーキの効きが少々甘くても、タイヤがツルツルに磨り減っていてもいい。」「とにかく、乗れさえすればいいんだ!」

本当に、そんなタクシー会社が営業を始めても構いませんか? 乗りたいですか?



伊藤稔弘@車輌の整備状況は、お客の側に、見極めの責任が発生するということです。
2010年1月25日

待機児童解消と保育所の最低基準緩和 [忘備・記録]

例えてみれば。
タクシー乗り場で、タクシーがなかなか来なくて、行列を作って待っている人が大勢いるとしましょう。(待機児童)

行列を解消する、最も根本的な解決方法は、タクシー会社(国・市町村)が、タクシーの台数(保育園の数)を増やすことです。
最低基準の緩和は、いわば、定員5人乗りのタクシーに、無理矢理、6人、7人乗ってください、というようなものです。後部座席に3人座っているのを、「すみませんね。ちょっとつめてください。」と、4人目を押し込むように乗っていただこう、というようなことです。
さて、この4人目の人には、シートベルトがあるでしょうか?運転手さん(保育士)が、どんなに安全運転を心がけても、万一の事故の場合に、安全を確保できるのでしょうか?

あなたは、そんなタクシーに乗りたいですか?

今、国がやろうとしていること(最低基準の緩和)は、1台のタクシーに、どれだけの乗客を詰め込めるか?「ええい!詰め込んでしまえ!!ひとりでも多く乗せることがいいことなんだ!!!」とばかりに、トランクの中にも、屋根の上にも、乗客を乗せようとしているようなものです。

タクシーを待っている行列が、少しでも短くなれば(待機児童の解消)、それでよし。
といわんばかりです。

本当にそれでいいのでしょうか?
乗客は、とにかくタクシーに乗れさえすれば、屋根の上でもいい!と、本当にそう思っているのでしょうか?(保育の質には目をつぶる)

=====
かなり強引ですが、こんな喩えを思いつきました。


伊藤稔弘
2009年11月9日

*昨年の11月に思いついて、手元においてあったものを、少し書き直しました。
2010年2月1日

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。