So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雲の上まで歩く2012 その14 [忘備・記録]

第4日 9月17日(月・祝) その2

まずは、ピークを踏もう。
ここが、蝶ヶ岳の頂上だよ。標高2677メートル。
よくぞ、ここまで、登ってきたものだ。
100%自分の足で。これは、ものすごいことだと思う。

名残は惜しいけれど、下山しよう。
昨日登って来たルートとは違う、長塀尾根をたどろう。
これは、横尾ではなく、徳沢に降りるルートだ。
勾配は比較的緩やかだけど、距離は長い。
足元に気をつけて、ゆっくり、あわてずに降りよう。

ハイマツ帯から、森林限界、すぐに樹林帯に入る。
やがて、長塀山の山頂に出る。
三角点がある。
「とうちゃん、これなぁに?」
そうだねぇ。帰ったら、T君のお父さんに聞いてみようか。T君のお父さんは、こういう関係のお仕事をしているから、よく知っているはずだよ。

更に高度を下げると、クマザサが目につくようになる。
と、下の子が、
「とうちゃん。これ、クマザサだよね。」
そうだよ。よく覚えていたね。
「じゃぁさ。シカザサとか、サルザサってのもあるの?」

この、論理構成力には驚いた。
熊>鹿>猿と、葉っぱの大きさに応じた種類があるのでは?と推論しているわけだ。
ときどき、この子の頭をパカッと開けて、脳味噌の中をのぞいてみたくなることがある。


途中、替え歌を大声で歌いながら、歩く。
あぁ、もう!いい加減に嫌!!になりかけたころ、やっと、徳沢に着く。
ここでキャンプしたねぇ。テント場を横切って行こう。

その前に、ここで大休止。
河童橋、上高地のバスターミナルまでは、まだまだあるよ。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。